男女の産み分けはこうする!

男の子と女の子の作り方

 

妊婦のおなか

上の子が男の子だから『次はどうしても女の子が欲しい!』、子供は一人と決めているから『男の子がいいな』と考える方は多いのではないでしょうか?

 

 

赤ちゃんが生まれてしまえば、男の子でも女の子でも『我が子はかわいい』のはもちろんのことなんですが、男女の産み分けというのは誰もが興味があるもの。少なからず授かりたい性別というのを一度は思い描きますよね?

 

 

産婦人科でも産み分け相談、産み分け指導をおこなっているところがありますが、この成功率は80%程度ということです。

 

 

正確にいうと男性が80〜90%、女性が70〜80%。もしも、自分自身で男女の産み分けをしても70〜80%ほどの成功率はあるので、クリニックとあまり変わらないということなんですね。

 

 

では、夫婦にできる男女の産み分け方法についてみていきましょう

 

 

性別は精子で決まります

 

精子

性別というのは精子で決まるということを知っていますか?

 

 

女の子を作る精子の染色体をX染色体、男の子を作る精子はY染色体といいます。この2つの染色体にはそれぞれ特徴があるんです。

 

  X染色体(女の子) Y染色体(男の子)

寿命

2〜3日

1日

Y染色体より少ない

X染色体の2倍

運動量

少ない

多い

重さ

重い

軽い

何性に強い?

酸性に強い

アルカリ性に強い

 

 

男女の産み分けをするには、卵子とどちらの精子が授精するかが決め手になるということです。x染色体の方が数が多いので、男の子が生まれる率が多いのでは?と思いますよね。

 

 

しかし、だいたいの精子は膣の入り口が酸性なので、そこでなくなってしまうんです。その為に、男女比率は1/2と言えます。

 

 

そもそも女性の膣の中は何性だか知っていますか?普段は細菌を防ぐために酸性、排卵日付近になるかセックスで女性が絶頂に達するとアルカリ性よりになります。膣の奥、子宮付近へいくとアルカリ性なんです。

 

 

男女の産み分けをする性行為

 

仲良しカップル

男の子が欲しい場合
  • 排卵日付近に性行為をする
  • 子宮の近くで射精する
  • 女性が気持ちいい性行為をする

 

女の子が欲しい場合
  • 排卵日数日前に性行為をする
  • 子宮から遠めで射精する
  • 淡白な性行為をする

 

濃厚なセックスをする夫婦は男の子が生まれやすいとも言われていますが、これもちゃんとした根拠があるんですね。

 

 

よく女系家系、男系家系なんてことを耳にしますが、これは遺伝子、環境、体質が関係しているのではなく、ただの偶然と考えられています。

 

 

ピンクゼリー、グリーンゼリーを使う方法

 

産み分け

ピンクゼリー、グリーンゼリーを使う方法もあります。

 

 

女の子を望んでいる時は、膣内が酸性になるピンクゼリーを、男の子が欲しい場合には、膣内がアルカリ性になるグリーンゼリーを使います。しかし、この方法ももちろん確実ではないうえに費用もかかります。

 

 

ゼリーの使い方はとっても簡単。

 

  1. 40度くらいのお湯で溶かす
  2. 注射器(シリンジ)で1回分の量を膣に入れる
  3. 5分まってから性行為をおこなう

 

 

このゼリーはお酢やベーキングパウダーでできているので、副作用もなく人体に影響もないので安心して使うことができるんですよ。

 

 

パコール法って?

 

男女の産み分け法の1つであるパコール法って聞いたことがありますか?

 

 

これは、人工授精をおこなう時に、子宮内に注入するまえに男女に分け希望の性別の精子のみを子宮へ入れるのです。

 

 

不妊治療中唯一産み分けができる方法として注目されていますが、もちろん100%ではありません。

 

 

子宮内に注入できる精子の数が少なくなる、費用が1回2〜5万円かかる、通常の人工授精よりも妊娠率が下がると言ったデメリットもあるのです。

 

 

夫婦で協力することが大切

 

家族

100%成功する男女の産み分け法というのは存在しません。そして、男女の産み分けをするに、夫婦の協力が必要なのです。

 

 

2人でよく話し合いながら、自分たちに会う方法で産み分けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

関連ページ

男性不妊に効くサプリ大特集

 

男性の年齢と妊娠率|男性が高齢だと妊娠しずらいの?

 

精子運動率とは?

 

精子検査キットの種類 〜あなたにあった検査キットが見つかる

 

男性不妊症の検査方法 〜検査はこのように実施される