精子はどうやってつくられる?その形成過程

精子はどうやってつくられる?

 

男性不妊

精子は、脳の視床下部からの指令により、精巣(睾丸)で生成されています。

 

 

脳の中では、視床下部からの刺激により下垂体にある性腺刺激ホルモン放出ホルモン(ゴナドロピン)というホルモン分泌細胞が、

 

 

LH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)の2つのホルモンを分泌させ、それらを用いて精巣に働きかける指令を出します。

 

 

精巣はこの指令を受け取り、精子を作る工程に入ります。

 

 

精巣の中では、最初は「精粗細胞」と呼ばれる精子の基となる細胞が精巣の中にある精細管という細い器官の中で細胞分裂を繰り返し、成熟した精子へと成長していきます。

 

 

成長した精子は精巣上体に運ばれ、ここでより強い精子になるためにさらに熟成の期間を経て、その後40cmもの長さのある精管を通り、射精までの時間をそこで待機することになります。

 

 

精巣が脳からの指示を受け精子を熟成させるまでの期間は、おおよそ70日〜80日と考えられています。

 

 

射精のときには、精子は精嚢(せいのう)と前立腺で作られた粘り気のある分泌液とまじり合い、精液となって体外に放出されます。

 

 

精子と精液の違いって?

 

精液は、精嚢(せいのう)と前立腺の2つの器官から分泌された精漿と、精子が混ざった状態のものです。

 

 

精子は、精液中に1〜5%程度しか存在していません。

 

 

男性不妊

精液は弱アルカリ性で、その中にはたんぱく質やアミノ酸がたっぷりと含まれ、精子が最も快適に過ごせる環境となっています。

 

 

精漿は精子が膣内を推進するためのエネルギーの供給源となります。そのため、精子がしっかりしたものであっても、精漿の栄養が十分でなければ卵管までの推進力を得られないということになります。

 

 

採取した精液を顕微鏡で覗くと、精液の中を泳ぐ精子の姿を見ることができます。

 

 

 

関連ページ

男性不妊に効くサプリ大特集

 

男性の不妊の原因が気になる方へ 〜先天性から生活習慣まで

 

精子の運動率を上げる方法

 

男性不妊で自然妊娠した夫婦の声をご紹介します

 

男性不妊治療をしてくれる病院・クリニック一覧|全国版