男性不妊治療 費用

男性不妊治療にかかる費用について

 

男性不妊に効くサプリ

不妊治療は、病院によって保険適用の場合と自由診療になる場合とがあります。

 

 

精液検査などの初期の検査や治療は比較的保険適用になりやすいですが、高度の生殖医療(人工授精など)になると、ほぼ自由診療となるため、高額になるケースがほとんどです。

 

 

しかし、体外受精や顕微授精などの治療には「特定不妊治療助成制度」といって自治体が治療費の一部の助成を行っていることが多いので、各自治体の窓口に問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

 

●精液検査…2,000〜10,000円

 

 

●人工授精(AIH)…10,000円〜30,000円

※この費用のほかに人工授精を行うために、女性の排卵の管理のための受診費や投薬の費用がかかります。

 

 

●体外受精(IVF)…約300,000円〜

体外受精の場合、女性の卵子を取り出し(採卵)、管理する費用もかかってきますので高額になります。
※この費用のほかに人工授精を行うために、女性の排卵の管理のための受診費や投薬の費用がかかります。

 

 

●顕微授精(ICSI)…約400,000円〜

顕微授精になると、顕微鏡下での受精の為の技術的費用がかかり、さらに費用が重なります。
※この費用のほかに人工授精を行うために、女性の排卵の管理のための受診費や投薬の費用がかかります。

 

 

 

●精巣精子採取術(TESE)・顕微鏡下精巣精子採取術(MD-TESE)…150,000円〜300,000円

無精子症の場合に、睾丸を切開して精子を探す手術です。この費用に加え、顕微授精の費用がかかります。

 

<上記費用は、各病院で違いがあるので、受診前には各医療機関に問い合わせてご確認ください。>

 

 

 

関連ページ

男性不妊症の検査方法 〜検査はこのように実施される

 

 

男性不妊を改善する食事・レシピはコレ!

 

精子の運動率を上げる方法

 

男性不妊治療をしてくれる病院・クリニック一覧|全国版

 

 

 

 

男性不妊を改善してくれるサプリメントとは?